豚に真珠

サンバのリズムに乗せられて、いつの間にかそのオレンジ色に魅了される。それが清水エスパルスというチームなんだ

サッカーとケガの話

今回は、前回の予告通り「サッカーとケガ」についてやります。エッ!?ちゃんとやるって?やりますよ!いろいろと「やるやる詐欺」連発してきましたが、今回はそんな皆さんの期待を裏切ってちゃんとやります!! 1ヶ月ほど前、現在ヴァンラーレ八戸に所属す…

サッカーとお金の話

皆さん、こんにちは。 我らエスパルスは、めでたく自動昇格の切符を手にしたことで、いち早くオフに入りました。いや~、よかった。なにが良かったって、プレーオフなんていう、いかにも心臓に悪い戦いをしなくても済むんですから。だって、柿谷でしょ山口で…

エスパルスの優勝条件を振り返ろう

さぁ皆さん!! 遂にこの日がやってきました!! この日っていうか、来る11月20日が、今シーズンのJ2のレギュラーシーズン最終節です。何もかもがこの日に決まります。この日を前に、我らがエスパルスは2位と高順位についています。降格を除くすべての可能性…

松原后の行く道

■大きな可能性、大きな不安 このブログを見てるであろう9割の方はエスパルスサポーターだと思うので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。先日、「Jリーグサッカーキング」でエスパルス特集が組まれたことで、これに先立ち、ニコ生でエスパルスの選…

J1にオススメ! J2有望株紹介

今回はこれまで対戦したJ2チームの中から、J1でもやりそうな活きのいい選手をそれぞれ1人づつ紹介します!! ■北海道コンサドーレ札幌 DF福森晃斗 オッサンの活躍が目立つ札幌だが、若手も実はたくさんいるということで、売り出し中のレフティを挙げました。…

ハイプレスとゾーンディフェンスから見る、攻守の両立方法/ポゼッションは永久に不滅

■攻守の一体化 現代は、とてつもないスピードで進化している。 つい最近発売されたと思っていた携帯電話は、今はスマートフォンとなり、SNSが発達している中で、メアドを交換する人はみるみる減っているし、今話題のポケモンも、初代は150匹しかいなかったが…

河井陽介✖遠藤保仁@パスの捌き方 

中継ぎ投手をどう評価しますか? ブログを始めて結構立ちますけど、いろいろとスポーツを見る目が変わってきますね。それはサッカーだけではないです。 例えばプロ野球。 野球の花形は4番か先発投手です。特に日本では先発投手にいい選手が多いということで…

稀代のファンタジスタにしてチームプレーヤー‼ 白崎凌兵

この間のザスパ草津......、いやザスパクサツ群馬との試合は8-0という、アインシュタインもビックリする点差で勝ちました。この試合について戦術とか采配とか言ってもしょうがないんで、面白かったところをピックアップしました。 なんぞ~あのシュート! …

エスパルスの失点が止まらない理由は何か考えてみよう

■セカンドボールが拾えない理由は何か 拾えないですねぇ。なんででしょう、って印象だけで考えてみたんですよ。ということで、ちょっと学んでみましょう。 これからの画像は、以前スポナビの方で書いた記事からの引用です。 開幕から現在まで:エスパルスの現…

清水エスパルス版用語辞典

清水エスパルス ー ジェットコースター。高低差が激しい。 パス ー 保険。河井陽介の専売特許。 ドリブル ー TBSでやっている「SASUKE」という番組。チャレンジャーが多数集まる。 クロス ー ため息。 ボール ー みんなが大好きな食べ物。村松大輔だけはなぜ…

ゲームメイクと組み立ての種類/本田拓也と竹内涼の違い

今のエスパルスには、パサーと言われる選手は結構います。 ただ、それぞれ特徴は違います。個人の組み立て方だったり、パスの受け方出し方も十人十色です。ストライカーが、高さが武器なタイプもいればスピードが武器のタイプがいるのと同じです。 今回は、…

石毛秀樹のゴールを演出した竹内涼の神パス@1st第14節川崎戦

事件は現場で起きていた!! 1st第14節川崎フロンターレ戦の4点目となった石毛秀樹のこの日2点目のスーパーミドル。 凄いゴールですね~。 でも今回とりあげるのはこのゴールではなく、この前のプレー。 では報道ステーションでノボリがやっている巻き戻し風…

ピーター・ウタカ@シュート:2nd第3節名古屋グランパス戦 ~時空の支配~

2015年が終わったので、今季のエスパルスのゴールの中から、個人的に印象に残ったゴールを振り返ります。今回は2ndステージ第3節名古屋グランパス戦のピーター・ウタカ2点目です。 相手からのセカンドボールが、八反田康平の前に転がる。ウタカはまだ動かな…

エスパルスの降格について

落ちました 落ちちゃいましたよ。 やっちまいました。 落ちたことについては、スポナビの方で書きましたので、あまり深くはここでは書きません。このブログはあくまで選手の個人技を扱うので、今まで通りマイペースに書いていきたいと思います。 っと、言っ…

超一流ゲームメーカーの条件

前回、現代サッカーのSBについてやりました。 そのことで、実は現在全国書店にて発売されています、「 月刊footballista 」という雑誌にて、SB特集が組まれています。表紙はみんな大好き内田篤人ことウッチーです。ぜひ読んでみてください。 月刊フット…

日本vsカンボジアから見る、日本の攻撃が単調な理由/現代サッカーにおけるSBに求められる資質

■現代サッカーが求めるSBの役割 進化を続ける現代サッカーにおける、SBの役割 グアルディオラのチームの進化のプロセスは、まず問題点を分析することから始める。この頃のバイエルンは、リベリーからサイドバックへ、そしてセンターバックへを通ってロッベ…

デュークの問題点

田坂体制になり、早4試合を経過しました。 結果こそ出てはいませんが、前体制と比べると、だいぶ秩序ある組織体になってきたなと思えます。戦術とかに関しては、近いうちにスポナビのほうで書きます。 さて、今回の主役はミッチェル・デュークです。 デュー…

川辺駿@ノールックパス ~手練手管~

J2第29節 アビスパ福岡vsジュビロ磐田から、82分の川辺駿のノールックパスを見てみる。 コーナーキックのこぼれ球を拾う。状況は1on1+1。福岡の坂田大輔が直前のコーナーキックを蹴っていた太田吉彰をチェックしながら、川辺のサイドへのパスコースも同時に…

角田誠のプレーを見てみよう/適正ポジションはどこか

8月12日にリーグ戦が再開します。 降格圏から脱出するために、この夏の移籍ウィンドーで鄭大世と、角田誠を獲得しました。 鄭大世はすでにエスパルスの一員としてデビューしてますが、角田は湘南ベルマーレ戦が初陣となりそうです。 そこで、今回は角田の…

フォルラン@シュート ~ゴールこそ正義~

先週、ディエゴ・フォルランがセレッソ大阪を退団しました。 ウルグアイ代表でありながら極東まで来てくれたこと。Jリーグでプレーしてくれたこと。いろいろありました。 今回はそんなフォルランに敬意を表し、彼のゴールとなったシュート振り返ります。 サ…

ジェイ@ポストプレー ~岩石封じ~

J2リーグ第17節ジュビロ磐田vsツエーゲン金沢から、ジェイ・ボスロイドのプレーを見てみる。 このポストプレーについて。 まず、ボールが空中にいる間に相手を確認。それからの一連のプレーを見てみよう。 競り合う直前、ではなく競り合う体制を作る前に…

ヤコヴィッチvsクリスティアーノ

豚似真珠「こんにちは!今日は日立台サッカー場からヤコヴィッチvsクリスティアーノのパッキャオvsメイウェザー並の世紀の1戦を録画でお送りします。実況を担当します豚似真珠です。『豚似』が苗字です。そしてこの1戦の解説をスポナビから来てくれました…

『フットボールサミット』を読んでみた/「清水のサッカー」とは何か

【Amazon.co.jp限定】フットボールサミット第29回 清水エスパルス サッカーの街に生きるクラブの使命 ポストカード付 作者: 『フットボールサミット』議会 出版社/メーカー: カンゼン 発売日: 2015/04/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブ…

ピーター・ウタカ取扱説明書

久しぶりの上陸 アフリカンプレーヤー 皆さんはアフリカの選手と言えば、何を連想するだろうか。 フィジカルや身体能力に優れ、野性的本能で動き出す選手を頭に浮かべるのではないだろうか。 例えば、サミュエル・エトーやディディエ・ドログバ。そんな選手…

村田和哉@ドリブル ~疾風怒濤~

ドリブラーの種類 ドリブラーには2種類が考えられる。 1つは、香川真司やリオネル・メッシといった、狭いスペースで生きる2,3メートルで勝負するタイプ。 もう1つは、ガレス・ベイルや宮市亮といった、広大なスペースで生きる5~10メートルで勝負す…

柏木陽介というサッカー選手 柏木陽介という1人の男 ~書評  「自信」が「過信」に変わった日 それを取り戻すための2年間~

第1印象って、大事ですよね 初めてあった人が凄いイカツイ人だったり、怖そうな人だったら、「この人、あまり関わりたくないなぁ」と思ってしまうだろう。 でも実際に接してみると、すごくやさしかったり、話しやすい人だったりすることがある。 第1印象は…

遠藤保仁  その男、偉大なり

こんな人、いませんか? 「日本がやっているのは野球。でも、アメリカがやっているのはベースボールなんだ!」 ??? さっぱりわからない。 野球とベースボールの違い。 日本語と英語の違いか? サッカーとフットボールの違いなら、僕には分かる。 サッカー…

2015×Jリーグ×清水エスパルス

新たなシーズン。新たなエスパルス 激動のシーズンを終え、新たなるシーズンがスタートした。 社長の交代。主力の退団。そして新戦力の加入。 本当にスタートしたんだ。 なんだか昨シーズンが懐かしいような、昨日のように感じるような、そんな気分のさなか…